体型カーバーコーディネート

ファッションコーディネイトの極意 体型カバーのコツ(レディース)

普段あたりまえのように、コーディネイトやコーデという言葉を使っています。

 

そもそもコーディネイトというのは 何?という疑問と、コーディネイトがもっと上手くできればなーという思いがあります。

 

そこで、コーディネイトの定義を簡単に記して、体型のお悩み別のコーデを考えてみたいと思います。

 

コーディネイトとは、2種類以上のアイテムを組み合わせて、1つのスタイルを構成することです。

 

色、柄、素材、シルエットをバランスよく組み合わせて、統一されたイメージを創りあげます。

 

自分のクローゼットの中だけのコーディネイトにとどまらないで、ライフスタイルや生活空間、社会環境などもコーディネイトの重要な要素になっています。

 

要素はさまざまありますが、実際にコーディネイトをするときには、ポイントを絞ることが多くなります。

 

先ずは、色。季節を表したり、好みで選んだりする場合が多いですね。可能なら、色相環や色のトーンの分類を頭にいれておき、基調色を中心に色を組み合わせると統一感がでて引き締まります。

 

次に素材です。
繊維製品は、加工の仕方によって、風合いや材質感がまるで違ってきます。素材の種類と性質を把握しておくことは重要です。

 

異素材のものを組み合わせるのがトレンドになったりもします。

 

また、デザインがシンプルになればなるほど、素材の果たす役割も大きくなります。

 

身体のサイズに合うコーディネイトも重要です。
あえて、大きめを着用する場合をのぞいては、サイズが合うものを選ぶ方が、統一感がありスマートな雰囲気になります。

 

では、次から体型を整えるためのコーディネイトとして、体型の悩み別に着こなしを考えてみたいと思います。

着ぶくれしやすい〜冬のファッションの体型カバー

冬は、寒いので、あれも、これもと着込んでるうちに、ついつい、だるまさんのように
「着ぶくれ」しやすい季節ですよね。

 

特に、最近は、ダボっとしたシルエットのアウターやトップスがトレンドになってるので、体型を隠しやすく、ここぞとばかりに着こみがち。

 

結果的に、もこもこのぬいぐるみのようなシルエットになってしまうことも多いんじゃないかな…って思います。

 

着ぶくれしやすい冬ファッションで、体型カバーをしつつも、すっきりとお洒落に見せるためには「メリハリ」を意識するといいようです。

 

例えば、ビッグシルエットのコートの下には、ジャストサイズのワンピースを着るとか。

 

ゆるめのざっくりニットのトップスには、スキニーパンツを合わせるとか。

 

隠したい部分は、ゆるくして、そのほかは、ジャストサイズにしておくと、かえってメリハリが効いて痩せて見えるし、全体のバランスも取りやすくなります。

 

実際、今年の冬ファッションで売れてるアイテムをまとめているサイトなどをチェックしてみても、ゆるめのシルエットのアイテムも売れてますが、スッキリとしたシルエットのコートや、ぴったりしたニットなども売れてるんですね。

 

海外のコレクションなどを見てると、全身ゆるゆるのコーデなども登場しますが、あれは、やっぱり、オシャレ上級者じゃないと難しいような気がしますし、慣れないうちは、「メリハリ」を意識したスタイリングの方が、無理なく実践できるような気がします。

2016年の秋服の新作で欲しいのは、ショート丈のジャケット

2016年のレディース秋服で、買おうと思っている新作アイテムは、ショート丈のジャケットです。

 

私は普段からエレガンス系やガーリーな雰囲気の女性らしさのある服装が大好きで、いつもはミッシュマッシュ(MISCH MASCH)や、ダズリン(dazzlin)や、トランテアンソンドゥモード(31 Sons de mode)というブランドの服を良く買うことが多いです。

 

仕事の時は、よくワンピースを着たり、秋らしい色のアンサンブルにスカートを合わせるファッションで通勤コーデにすることが多いです。

 

羽織りものは、秋になると手放せないファッションアイテムですが、私はカジュアルなミリタリー系やデニム系のジャケットよりもきちんと感のあるジャケットが好みなので、ベージュやネイビーなど「無難な色合いのジャケットを買いたいな」と考えています。

 

ジャケットがあれば、ワンピースの上に羽織るだけでコーディネートが完成したりもしますし、秋のオシャレもはかどります。

 

秋になると、えんじ色や赤色のカーディガンをよく着ることが増えたり、ニットが活躍することも増えてきます。

 

ニットはお手入れが大変で、寿命もあまり長くないので、毎年秋になると数着買い足すようにしています。

 

首元にビジューが付いているニットが大好きなので、ビジュー付きのニットを見かけると心惹かれることが多いです。

 

 

 

2015年の春のパステルカラーは「ミルキーパステル」がトレンド!

そろそろ今年の春夏コーデが気になる季節になって来ました。

 

ファッション雑誌などでは、既に、今年の春に流行るアイテムやコーディネートが、あれこれと取り上げられています。

 

今年のレディース春ファッションのトレンドアイテムや流行カラーをまとめてるサイトとかもあるので、今季の流行りが気になる人は、チェックしてみるといいかもです。

 

春のレディースファッションの新作と言えば、やっぱり目につくのは、パステルカラーのアイテムですよね。

 

私も、この季節に、ショップに行ったりすると、カラフルなニットやパンツ、スカートなど…あれも、これも欲しくなってしまいます。

 

トレンドをチェックしてみると、今年のパステルカラーは、あまりビビットな色合いじゃなく、ちょっと白を混ぜて乳白色になったような「ミルキーパステル」が出て来るみたいですね。

 

ミルキーパステルはいいなぁ。

 

私なんかは、黄色とかは、鮮やかすぎて、ちょっと苦手なんですが、お店で、UngridやEGOISTの春の新作ニットを見てみたら、だいぶ白っぽい感じのパステルイエローで、これなら、、挑戦してみても良さそうかな…って思いました。

 

白が混ざると、優しい感じの色合いになりますよね。

 

ミルキーパステルなら、ちょっと大人っぽいコーデにも合うと思うので、幅広い年代に受け入れられるんじゃないかな…って思います。

 

春はデニムに注目〜オシャレにほっそりコーデ

ダメージデニムにかっちり系のジャケットを合わせる、はずしたコーデが大好きです。
レザーの上着にデニムのメンズライクなスタイル、でもどこかしら艶のあるコーデもいいですよね。

 

この春も、デニムが注目されているようで、デニムファンとしては嬉しいです。

 

デニムって、かなり以前は作業着のイメージが強くて、ワードロープには入ってませんでした。
だんだんと、ファッション誌でも特集が組まれるようになったり、お洒落なデニム素材も出てきたりして、今ではなくてはならないアイテムになりました。

 

デニムは、はくだけで元気なオーラを身につけられる気がしますね。
いかにも女らしいアイテムよりも、オトコっぽいものをセクシーに着こなす・・
そんな大人の女性って憧れます。

 

今年トレンドのホワイトコーデも、デニムならチャレンジできそうに思います。
白シャツにホワイトデニム。足元はバレエシューズを合わせるといいですね。

 

ヒップをコンパクトに見せるには、ボーイフレンドデニムがオススメです。
ヒップや太ももにはゆとりがあり、裾はやや細くなっています。

 

ロールアップするにも、ブーツインにしてはくにもちょうどいい幅とシルエットです。

 

ブーツインにすると、足元がコンパクトになるので縦長感やスリム感がアップしますね。